あなたはナルシストではありません

ナルシストは、自分がものすごく苦労して、そしてここまで来たので自分自身で、自分がえらかったと思っています。
だから周りの人もそれを認めるべきだと思い込んでいますので、批判をされたならば怒ってしまいます。

人からは自分は、無制限に愛されたい認められたいと思っていますので、認められなければ相手を憎んでしまいます。
ナルシストの人が人の上に立つ、またはオーナーになろうと思った時には、自分の一番の弱点である承認欲求を捨てることから始めなければなりません。

ナルシストは、自分以外には全く関心がないのです。
ナルシストが他者に対して関心を持ち始めると、これはナルシストがだんだん消えてきたことになります。

ナルシストは愛情欲求がとても強く、その強い愛情に対して偏見を持ってます。
親に対しては『自分は全く親から愛情がなく育てられた、』という風に解釈してしまいます。
しかし母親がナルシストであれば、『世界中で一番愛して 可愛がったと、』 思っていますし、子供がナルシストであれば『なんと冷たい親だ、』 思いながら育ってしまいます

ナルシスト同士ならば、平行線で話が進みません。
そしてナルシストは無意識の中では劣等感の塊です。
それを隠すために表面は非常に明るく、そして成功したかのようにふるまいますが、批判されるとすぐ顔に表れるので、ナルシストかどうかを見破る事は簡単にできます。

わざと批判することで、相手の本音を探ることができます。
誰でも批判するとムッとするかもしれませんが、その度合いが非常に強いんです。

さらにナルシストというのは、歳を重ねるに従って、承認欲求が大変強くなってきます。
そして本物のナルシストは、自分自身がナルシストであるとは思っていません。むしろ『何と理解のある素晴らしい自分だ、』等思っています。
『私の言ってることは正しい、間違っているのは相手だ、』という構造になります。

そこでナルシストを相手にする場合は、それはそれで話を全て聞いてあげて、決して相手を批判したりしてはダメなんです。
ナルシストという生き物と思って、接していかないと上手くいかないのです。

ナルシストの無意識にあるものは、劣等感だからナルシスト同士では同じ自分を見ているので、喧嘩になってしまいます

しかしナルシストを見て、『あーこの人はナルシストだな、』と感じた時、そのナルシストを客観的に見て感情的にならなければ、あなたはナルシストではありません。

2020年08月31日